校章

飯田市立鼎中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0806 飯田市鼎上山2582 TEL 0265-22-0173 FAX 0265-21-3413

鼎中学校

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2013 年 5 月 のアーカイブ

先輩(教育実習生)の生き方を知り,自己の生き方に取り入れていくパネルディスカッション

 本校はキャリア教育を生き方教育ととらえ,全教育課程で実施しています。5月27日(月),鼎中の卒業生である教育実習生や職員をパネリストとして,3年生を対象とした進路講話(パネルディスカッション)を開きました。
 「高校入試に向けてどのような学習をしましたか」についてパネリストたちは,
「提出ノート100%を目指して頑張った。1日だけ休んだら100%ではなくなるので,どんなに眠たくても頑張った」
「中学の頃は野球部だった。帰ってくれば眠たくなる時もあった。自分に負けたくないので気合いを入れながら,中学時代の校友会テーマ『全力』を実行した」
「家庭学習で,(事柄を)口で言葉に出しながら,書いて書いて勉強した」等と返答。
その他,「高校を選んだ動機」「勉強に目覚めた時」「部活動との両立で苦労したこと」「何故,教員を目指したか」「ストレスをどう発散したか」についても丁寧に語ってくれました。
 今,3年生にとって,将来を見据えながら中学卒業後の進路をより具体的に考えていく時期となりましたが,パネルディスカッションを聴いた3年生Aさんは「とてもためになった」と感謝の言葉で締めくくりました。

ページの先頭にもどる

毎週の資源回収

 校友会は毎週、月曜日毎に資源回収を行い、アルミ缶・牛乳パック・ペットボトルのキャップを集めています。5月27日(月)は全校で3600個のキャップが集まりました。これはワクチン6個分に相当します。このワクチンを、ワクチンを必要とする国へ送ります。

ページの先頭にもどる

樹齢300年以上の木のもとでふるさとの風景を描いたりした写生会

  5月23日(木)、延期した写生会を好天に恵まれて行いました。
【1年】 矢高諏訪神社境内(学校から1㎞の距離に位置する)の中から「印象に残る風景」を表現する。(写真上)
【2年】「私の大切なもの」に対する思いをもとに、静物の特徴をとらえながら,着彩素描表現に取り組む。(写真左下)
【3年】学校敷地内の風景の中から「学校生活の情景」を表現する。(写真右下)
 暑い日差しのもと、神社・学校等のふるさとの風景や、静物画を一生懸命描いた体験は、生徒たちの脳裏に刻まれることでしょう。

ページの先頭にもどる

愛鳥週間

  5月中旬に愛鳥週間がありましたが、写真上は本校理科室前の掲示です。写真下は“本校の住人”となったツバメが巣から姿を現したところです。

ページの先頭にもどる

鼎中発 学級対抗駅伝大会

 爽やかな五月晴れのもと、5月17日(金)に「学級対抗駅伝大会」を実施しました。松川沿いの鼎橋~久米路橋間の両岸(下伊那教育会発行「飯田市地図」参照)を6周回し、全長は16.8㎞に及びます。全部で36区間設け、36人が襷をつなぎます(学級の人数により、2区間走る生徒あり)。 当日を迎えるまでには、「学級内で自己の役割を果たそう」と本気になって取り組む姿が随所にみられました。

 2年Aさん「私が走るのは後半の方なので、クラスの人たちの3分の2くらいの人たちの思いが詰まった襷をもらうことになります。私は、みんなの思いが詰まった襷を次の人にしっかり届けます」3年Bさん「クラスの一員として、一生懸命応援して、一生懸命走る」等、生徒たちは決意を新たにして大会に臨みました。

 大会当日、生徒たちは風越山を仰ぎ見、眼下に松川を見ながら一生懸命走ったり対岸のクラスメイトに檄を飛ばすなど一生懸命、応援に取り組んだりしました。

 

 

ページの先頭にもどる

毎朝、中学生を迎えるマリーゴールドのモザイク画

 生徒昇降口に、マリーゴールドのモザイク画を掲額しました。作成者は平成4年3月卒業の3年1組の皆さんであり、3年間JR鼎駅の美化活動を続け、総まとめとして、モザイク画をつくりました。このモザイク画は、JR鼎駅で20年以上の長きに渡って掲額されていましたが、鼎駅が無人化になるということで、本校へ移設することにしました。
 先輩たちがつくり、JR鼎駅で地域の方々を見続けてきたモザイク画は毎朝、昇降口で、中学生を迎えています。

 

ページの先頭にもどる

PTA環境整備作業

 5月19日(日)、PTA会員による環境整備作業がありました。翌20日(月)、登校してきた生徒たちから「きれいになっている」「きれいな環境で気持ちがいい」との声が挙がりました。おかげさまで、より充実した環境となりました。ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

音楽鑑賞教室

 5月14日(火)、飯田市鼎文化センターで東京混声合唱団による音楽鑑賞教室を行いました。Aさんは「合唱を聴いて鳥肌が立ちました。私が最も印象に残っているのは『蚊』です。お腹で『蚊』のブーンの音を表現していて、すごいと思いました。腹式呼吸って大事だと改めて実感しました。口を横ではなく縦に大きく開けていて、なおかつ笑顔でした。私たちも合唱団の人くらい口を開け、笑顔で歌えると気持ちがいいと思います」との感想をもちました。
  鑑賞教室の御礼の言葉として、校友会文芸委員長が「様々な歌を聴かせていただき、どの歌も心に残っています。中でも追分節考は情景が浮かんでくるようでとても感動しました」と挨拶し、全校でも、素晴らしい歌を聴かせていただいた東京混声合唱団の皆さんに御礼の挨拶をしました。

ページの先頭にもどる

中体連夏季大会が近づいてきました

中学校体育連盟主催の夏季大会が迫ってきました(6月8・9日)。他校との練習試合など、日頃の練習にも熱が入ってきました。

 

ページの先頭にもどる

靴を揃える

 本年度より本校は「特色ある教育活動・大切に取り組む教育活動」の一つにキャリア教育の充実を掲げています。
 写真は、昇降口の様子です。靴をきちんと揃えておくことはキャリア教育の大切な視点です。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->