校章

飯田市立鼎中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0806 飯田市鼎上山2582 TEL 0265-22-0173 FAX 0265-21-3413

鼎中学校

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2014 年 11 月 のアーカイブ

鼎中清掃の良さを伝承する縦割り清掃 ~責任者会の発言から~

縦割り清掃責任者会DSC02399    本校は11月25日(火)~12月5日(金)まで、分担場所の清掃に、異学年で取り組む縦割り清掃を行っています。27日(木)の放課後、各分担場所の責任者会を行いました。
 会の中で、例えば3年生A君は「雑巾掛けで使うバケツがくるまで、待っている人がいたので『気付き清掃をやって』と声をかけたところ、棚の整理を始めた。」と発言。これらの発言を聴いて、縦割り清掃は鼎中学校の清掃が大切にしている「気付き清掃」を、3年生が後輩に具体の場で伝承していく清掃であることを実感しました。

ページの先頭にもどる

小学6年生への出前授業

 本校は鼎小学校とともに、小中連携・一貫教育に取り組んでいます。
 11月26日(水)、本校は2学期期末テスト日であったのですが、本校数学科が鼎小学校を訪れ、6年生の各教室で算数の「出前授業」を行いましPB262490た。PB262491

 

ページの先頭にもどる

人権教育月間

 本校は10月中旬からの1ヶ月を、人権教育月間として取り組みました。
 人権教育の研究テーマに「人が人らしく生きていくために、相手の立場に立って聴き、考え、行動できる生徒を育てる指導はどうあったらよいか」を掲げ、全校研究授業(写真参照)で究明しました。
 また、3年生Fさんの人権教育作文「自分で自分を」が、平成26年度全国中学生人権作文コンテスト長野県大会での信濃毎日新聞社賞に選ばれ、同飯田大会で最優秀賞に選ばれました。さらに、飯田大会では1年生Kさんの人権教育作文「傍観者」が奨励賞に選ばれました。
 受賞を励みとして、常日頃から相手をリスペクト(尊敬)していく姿勢を大切に育てていきたいと考えています。2の1人権DSC02032

ページの先頭にもどる

校友会主催「ジャンケン列車」

じゃんけんリレーDSC02365  じゃんけんリレーDSC02353  2日間に及んだ2学期期末テスト(3年:第6回総合テスト)が終わった日の午後、校友会主催のジャンケン列車がありました。全校が一堂に会して和やかな雰囲気のもと、校友との楽しいひとときを過ごしました。

ページの先頭にもどる

ネットトラブルの授業

ネットトラブルの授業DSC02211 今、巷間において中学生のネット利用により、交友関係や学習に問題が生じている例があります。そこで、過日の参観日に全校一斉の特別活動の授業を行いました。専門家の講演から「ネットトラブルの問題を未然に防ぐ」ことについて学習しました。
 学習後のKさん・Aさんのコメントです。
Kさん「SNSに悪口を書くと犯罪になることや一度画像をアップしてしまうとすぐに拡散してしまうので、その時は問題が無くても後々に問題になってしまう可能性があることがわかった。SNSがインターネットとは違うことがわかったので、安全な方法を改めて確認したりしたいと思った」
Aさん「SNSを利用した時間だけ、家族と顔を見合って対話することが必要だと初めて知りました。SNSを利用する際、セキュリティをきちんと設定しないと後で大変なことが起こることがよくわかりました。高校生になって使う時になったら、学習への影響が出ないよう、使用時間を定めたい」

ページの先頭にもどる

歌声交歓会とボランティア活動にみる小中連携

鼎小から鼎中へSC09765  鼎中学校と鼎小学校は写真で見るように、徒歩5分の程近い距離に位置しています(写真奥が鼎中)。この地の利を生かしながら小中連携を行っています。2つ紹介します。
DSC02065【歌声交歓会】
鼎中3年生と鼎小6年生が歌声を交歓しました。中学3年生は混声3部合唱「はじまり」を披露しました。6年生から「大きな声が出ていた。」「女声はきれいな声で、男声は太い声だった。ピアノ伴奏も上手だった。」の発言がありました。小学校6年生の発表を聴いて、中学3年生は「元気と透明感がある歌声だった。これからも頑張って。」と発言しました。
【ボランティア活動】
10月下旬の水曜日の放課後、小学校高学年生と中学生のボランティアが一堂に会し、小学校低学年生の教室を中心に清掃活動を行いました。小学生と中学生が共に雑巾掛けや窓拭きを行いました。ボランティア活動後、体育館に集まり、共に活動を振り返りました。

ボランティア2DSC02086ボランティアDSC02116

 

ページの先頭にもどる

学び合い学習に精力的に取り組む

 本校は今、学び合い学習に精力的に取り組んでいます。
保健授業修正DSC02205【保健の授業で】
 学習問題「ストレスと上手に付き合うにはどうしたらよいか」の授業で、生徒たちは班ごとになって、友だちが抱えるストレスへのアドバイスについて考えました。学習後、Aさんは「友だちも同じストレスがあった。その友だちから励まされて嬉しかったし、勇気が湧いた」との感想を持ち、Bさんは「ストレスを聞いてもらったり、アドバイスを考えたりすることで気持ちが楽になった」との感想を持ちました。
グループ学習DSC02201

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->