校章

飯田市立鼎中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0806 飯田市鼎上山2582 TEL 0265-22-0173 FAX 0265-21-3413

鼎中学校

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

‘3学年’ カテゴリーのアーカイブ

飯田市キャリア教育推進フォーラムから

DSC05781 1月18日(土)の飯田市キャリア教育推進フォーラムに本校2年生2名が参加。
 2名の生徒は、職場体験学習を通して、「目標に向かって挑戦する良さと周りの人の良い所を見つける大切さ(A君)、「命の大切さ、そして物事をはっきり大きな声で言ったり、気づいたらすぐに行動したりする重要さ(B君という学びを発表しました。
  会場にいた本校3年のCさんは、「中学2年時の職場体験学習、結婚式場で学んだ『人と人とのつながり』や『気遣い』がその後の生活に役立ったこと、目的をもって取り組むことが大切。」と語り、職場体験学習での学びが生き方に影響しているという事実を参会者に伝えました。 D90

ページの先頭にもどる

校内書き初め展

DSC05751 「新年の決意を込めた書き初めを、全校生徒・職員・保護者で鑑賞することにより、個の良さや思いを共有するとともに、書に対する鑑賞力を涵養する」というねらいのもと、本校は校内書き初め展を催しています。期間は1月15日(水)~2月4日(火)迄です。廊下には生徒たちの力作が一様に並んでいます。是非、ご来校の際にご覧ください。DSC05760

ページの先頭にもどる

決意新たに3学期始業式

722.修jpg 1月9日、3学期始業式を行いました。3人の生徒が意見発表をしました。
1年Aさん「自分から進んであいさつができるようになりたい。発言も積極的に頑張りたい。凡事徹底を心掛けていきたい。3学期は次の学年につなげる大切な学期。気を引き締めてやりたい」
2年Bさん「相手に聞こえるようなあいさつを心掛けていきたい。校友会やアンサンブルコンテストに力を注ぎたい。学期の終わりには目標を達成できるようにしたい」
3年Cさん「このクラスで良かったと思えるようにしていきたい。卒業する時に、悔いが残らないようにしたい」
 3人の発表を受けて、学校長が全校生徒に「誰にでも平等に与えられているものは『時間』。この仲間で一緒にできるのは登校日数の47日間。この仲間でできる幸せを感じながら、3学期はじっくり焦らず、粘り強く取り組んで夢を実現していきたい」と呼び掛けました。

ページの先頭にもどる

校友会新旧役員の引継ぎ

DSC05679 12月26日、第2回校友会総会を行いました。活動報告の際、その委員会の中心的な活動の映像を議会スクリーンに映し、活動を振り返りました。また、新役員の承認も行われ、放課後、新旧役員の引継ぎ会で丁寧なバトンタッチが行われました。

DSC05690

 

ページの先頭にもどる

「心の『かたち』~抽象形を用いた立体彫刻~」

DSC05520 3年生の美術の授業で、「心の『かたち』~抽象形を用いた立体彫刻~」の学習を行っています。作品を校内で展示中です。
 題材の目標(学習問題)は、「自分の心の中にある『感情・心情』を主題としたイメージを、素材の特性と美的要素を活かして表現しよう」です。

ページの先頭にもどる

ふるさと飯田のよさPartⅡ

DSC02811TWO 中学3年生、社会科公民的分野での学習時のことです。地方分権の進展に伴い、飯田市では農科民泊が可能になりました。2000年以降、毎年2万人もの修学旅行生が飯田市を訪れています。次は、飯田市のよさについて学んだBさんの文章です。
 「私は普段、当たり前のように信州飯田で生活しています。飯田は『地域のつながり』がとても強い地域だと思います。特に、私が好きな光景は挨拶です。『行ってらっしゃい』『行ってきます』『お帰りなさい』『ただいま』とまるで家族のように挨拶が交わせています。都会ではそういった光景がどのくらいあるでしょうか。飯田市は他にも水や川、山が空気がきれいというよさがあります。食物では地産地消が盛んです。五平餅や山菜、ねぎだれなどおいしい食べ物がたくさんあります。さらに飯田市や長野県は全国有数の長寿で、お年寄りの方々が元気です。」

ページの先頭にもどる

縦割り清掃Part2

責任者会DSC05328 11月28日(金)~12月3日(火)まで縦割り清掃Part2でした。目的は「清掃を異なる学年の人とやることで、全校の“輪”を強め、日頃使っている校舎に感謝の意を表すとともに『鼎中の清掃』を引き継ぐ」です。この縦割り清掃Part2の目玉は、各清掃分担の責任者が3年生1名、2年生1名いることです。先週29日(金)の放課後に実施した責任者会では、2つの学年の責任者が一堂に会し、「気がついたこと」を互いに発表し合うことで、3年生から2年生へと「鼎中の清掃」をバトンタッチしています。

ページの先頭にもどる

ふるさと飯田のよさ

飯田の風景は心のふるさとDSC09784 中学3年生、社会科公民的分野での学習時のことです。地方分権の進展に伴い、飯田市では農家民泊が可能になりました。2000年以降、毎年2万人もの修学旅行生が飯田市を訪れています。次は、飯田市のよさについて学習したAさんの学びです。
  「飯田市には五平餅・よもぎ団子づくりや、藍染めなどの伝統的な文化がたくさんあることに気づき、驚きました。また、修学旅行生を受け入れた農家の方々がとても温かく迎えていて、人柄がよい飯田を表していると思いました。これからの飯田市を担っていく若い人々が飯田のよさを再認識することも必要なのではないかなと思いました。」
 

ページの先頭にもどる

福祉体験学習

IMG_0307 8月28日(水)、キャリア教育weekで3学年は福祉体験学習を行いました。車椅子体験、視覚障害、手話、点字、高齢者疑似体験の5つの講座に分かれ、飯田市社会福祉協議会の講師の方に詳しく教えていただきました。生徒の中には「実際に体験してみると思っていたのと全然違う」という声もあり、どんなお手伝いができるか、考えるよい機会となりました。

ページの先頭にもどる

キャリア教育Week ~租税教室で未来の扉を開く3年生~

修DSC04114 キャリア教育Week1日目、3年生は飯田税務署の方々や地元で活躍している税理士さんを講師に租税教室を開催し、税金の意義と役割について考えました。DSC04119

ページの先頭にもどる